震災お見舞い ありがとうございました2018/06/22 14:42

6月18日に発生した大阪北部地震では、取引先様やお客様から、たくさんのお見舞いの言葉をいただきましたこと、ここに、あらためてお礼を申し上げます。
おかげさまで、店長夫婦はじめ、二代目ケロ太、
愛猫・福&ゴンともに、全員怪我も無く、元気に過ごせております。

幸いなことに、震源地に近かったにもかかわらず、食器がいくつか割れる程度の被害で済み、当日のお昼過ぎには
お店の営業を再開させることができました。

水道の一時断水、ガスの停止というライフラインの断絶も
今回初めて経験しました。
地震発生直後、すぐに浴槽に水を貯めたので生活用水に
困ることはありませんでしたが、これも発生した時間が
朝の8時だったことが大きかったですね。
ケロ太を学校に送り出し、洗濯も終えて一段落…という
落ち着いた時間帯だったので、冷静に行動できたんだと思います。
ただ、普段は調理・飲用に浄水器ポットを利用しているので、断水~水道水の濁りの期間は困りました。
電気は使えたので炊飯器でご飯は炊けるのですが、肝心の水が足りなくて。
飲料水の備蓄はやはり必要だと痛感しました。

ガスは停止から復旧まで4日間かかりました。
その間、大阪ガスさんがカセットコンロとボンベを必要
世帯に配布してくれましたし、自衛隊が市内の防災公園に仮設のお風呂を用意してくださり、不謹慎ですが、普段はできないサバイバル的な体験をすることができました。

ケロ太は、学校に登校した直後に震災が発生したので、
安全な校舎内で2時間ほど過ごしていました。
その後全家庭に児童引き渡しの連絡があり、3日間休校。
市内では、ケロ太の友人の通う学校で、同学年の女児が
被害に遭う痛ましい事故もありました。
店長嫁の兄は通勤途中で震災に遭い、電車内に閉じ込め~5時間かけて徒歩で帰宅を体験しました。
二人とも帰宅困難者になることなく、無事に家に帰れて
本当に運がよかったです。


震災当日の晩、ケロ太の友人一家が給水所に行った帰りに

無事の確認に寄ってくれてお水を分けてくれました。

震災の翌日には、納品に来たメーカーの担当君が配達の際に「お水は品切れだったんです」と言って、ウーロン茶のペットボトルを2本差し入れてくれました。
ガスコンロの配布のことを教えてくれたのは、注文された
商品を取りに来られたお客様でした。
自衛隊のお風呂は、市内に住む、同じく被災したママの
知人が教えてくれました。

普段から備えていても、発生した際の時間や場所によって対応できないこともあります。
でも人同士がつながって助け合うことはできました。

災害は起きないことが何よりですが、もしもの場合の備えの重要性と、人と助け合うことの大切さを改めて知った
今回の震災でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suku2.asablo.jp/blog/2018/06/22/8900621/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。